ふるさと納税とは

ふるさと納税は、自分が選んだ自治体に対して、寄付を通じて地域を応援できる仕組み。寄付金がどのように使われるかまでを選択できるのも特徴のひとつです。また、自治体からの感謝の気持ちとして、返礼品がもらえて、簡単な手続きをすることで税金の控除も受けられます。
応援したい自治体への地域貢献を果たせるだけでなく、返礼品をもらえると同時に、寄付金が税金から控除され、さらに地域の人々も喜ぶ画期的なシステムなのです。

ふるさと納税の3つのメリット

01

好きな地域と寄付金の使い道を自分で選んで、応援することができます。

ふるさと納税で寄付できる自治体は、いま住んでいる場所や、自身が生まれ育った地域などに限りません。たとえば、学生時代を過ごした場所、旅行で訪れたことがある場所、被災による支援が必要だと感じた場所……など、好きな地域を選んで寄付をすることができます。また、寄付する自治体の数や金額、回数の上限はなく、寄付されたお金がどのように使われるのかまでを選択することができます。

02

返礼品がもらえます。

ふるさと納税で寄付をすると、自治体からの感謝の気持ちとして、一般的にはその地域の名産品や特産物などが贈られます。ただ、F-styleでは、日本中に見られる「名産品などを持たない地域」を扱うことで、地方の名産品ではなくとも、多くの利用者に喜ばれるアイテムを取り揃えました。特定の地域を応援して、ファッションやライフスタイル系を中心としたハイセンスなアイテムをもらうことができます。

03

税金が控除(還付)されます。

ふるさと納税で寄付をした場合、2,000円を引いた残りの全額を、所得税および住民税から控除されます。控除を受けるためには、確定申告の手続きや、ワンストップ特例制度を活用する必要があります。控除の上限額は家族構成や収入によって変わるので、注意してください。

ふるさと納税の仕組み

01

ワンストップ特例制度が適用される場合

対象となる方 ①
寄付を行った年の所得について確定申告をする必要がない人
対象となる方 ②
1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人
02

確定申告の場合

対象となる方 ①
もともと確定申告をしている人
対象となる方 ②
6カ所以上の地方自治体にふるさと納税をした人

家族構成別の控除例

ふるさと納税の流れ

ステップ1

控除額の上限を調べる

ステップ2

好きな返礼品を選ぶ

ステップ3

寄付を申し込む

ステップ4

返礼品を受け取る

ステップ5

寄付金控除の手続きを行う

おすすめアイテム