お申込みの流れと手続き

ふるさと納税は、主に5つのステップで完了します。まずは、ご自身の収入や家族構成などから、控除上限額を把握しましょう。その後に、お好きな返礼品を選び、寄付を申し込みます。返礼品を受け取った後は、寄附金控除の手続きを行えば完了です。

ステップ1 控除上限額を調べる

詳しく見る閉じる

寄附する前に、控除上限額を確認しましょう。ふるさと納税では、控除上限額内の寄附であれば、
寄附合計額から2,000円を差し引いた分が、所得税や住民税から還付・控除を受けられます。
ただし、控除上限額は給与収入(年収)や家族構成で異なるため、ひとり一人が控除上限額を知っておく必要があります。

実質負担2,000円でできる
寄附金額上限の目安の例

家族構成を選ぶ

妻(専業主婦) 子ども00歳・00歳

年収を選ぶ

00,000万円

寄附額(目安)は184,000になります。

ステップ2 返礼品を選ぶ

詳しく見る閉じる

受け取りたい返礼品を選んでカートに入れます。

ステップ3 寄付を申し込む

詳しく見る閉じる

寄付金の使い道を選択して、配送先や支払い方法をなどの情報を入力します。

ステップ4 返礼品を受け取る

詳しく見る閉じる

自治体から選択した返礼品と、寄附金の領収書にあたる「寄附金受領証明書」が届きます。
自治体や返礼品によって、申込みから到着までにかかる日数は異なります。

ステップ5 寄付金控除の手続きを行う

詳しく見る閉じる

01

ワンストップ特例制度が適用される場合

対象となる方 ①
寄付を行った年の所得について確定申告をする必要がない人
対象となる方 ②
1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人
02

確定申告の場合

対象となる方 ①
もともと確定申告をしている人
対象となる方 ②
6カ所以上の地方自治体にふるさと納税をした人