控除上限額を調べる

ふるさと納税で受けられる税金の控除上限額は、住民税の2割までと決められています。その額を超えてふるさと納税をした場合、超えた分は控除の対象にはなりません。また、はじめの2,000円分は、寄付者の負担分となるので、税金は減額されません。
つまり、上限金額の範囲内であれば、2,000円の負担で地域に貢献することができ、返礼品ももらえるということになります。

実質負担2,000円でできる
寄附金額上限の目安

この表は左右にスクロールできます。

給与収入 独身又は共働き※1 独身※2又は共働き +
子1人(高校生※3
独身又は共働き +
子1人(大学生※3
300万円 28,000 19,000 15,000
400万円 42,000 33,000 29,000
500万円 61,000 49,000 44,000
600万円 77,000 69,000 66,000
700万円 108,000 86,000 83,000
800万円 129,000 120,000 116,000
900万円 151,000 141,000 138,000
1,000万円 176,000 166,000 165,000
1,500万円 386,000 374,000 370,000
2,000万円 560,000 548,000 544,000
  • ※1 共働き:配偶者(特別)控除を受けていないケース(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
  • ※2 夫婦:配偶者(特別)控除を受けているケース
  • ※3 高校生:16歳から18歳の扶養親族 大学生:19歳から22歳の特定扶養親族
  • ※4 中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。

簡単シミュレーター

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

家族構成を選ぶ

  • ※もっとも近いものをお選びください。

年収を選ぶ

  • ※もっとも近いものをお選びください。
  • ※1~3は給与収入の場合です。
  • ※「共働き」は配偶者の給与収入が201万円超である場合となります。

寄附額(目安)は184,000になります。

上記に表示された目安の寄附額まで、実施負担2,000円のみで地域を応援できます。

金額別に返礼品を探す